ホームに戻る 施設案内 お湯の話し 周辺案内 料金・ご予約 ご利用案内 お問い合わせ
泉   質:ナトリウム塩化物質
泉   温:70℃前後
知覚的試験:無色澄明、無臭



【効 能】
神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、疲労回復、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、健康増進、虚弱児童、慢性皮膚病、慢性婦人病、きりきず、やけど。

(財)北海道薬剤師会 公衆衛生検査センター調べ
前のページに戻る ページトップに戻る

定山渓温泉の歴史

黎明期 (1752年〜1917年) …温泉の発見から開発
   
1866(慶応2年) 美泉定山がアイヌの道案内で温泉を認め、湯治場をつくる
  1869(明治2年) 蝦夷地を北海道と改称
  1871(明治4年) 東久世長官が「定山渓」と命名
  1887(明治20年) 小金湯温泉始まる
  1905(明治38年) 定山渓神社創設 月見橋完成

始動期 (1918年〜1954年) …電力と交通網の発達
   
1918(大正7年) 定山渓鉄道開通
  1936(昭和11年) 岩戸観音堂建立
  1949(昭和24年) 支笏洞爺国立公園に指定
  1950(昭和25年) 第一回札幌雪まつり開催

発展期 (1955年〜現在) …温泉街の近代化そして今
   
1965(昭和40年) かっぱ祭り始まる 温泉街ロードヒーティング完成
  1969(昭和44年) 定山渓鉄道廃止
  1996(平成8年) 開湯百三十年・健康保養地宣言をする
前のページに戻る ページトップに戻る